環境PRからコストダウン目的のLED照明に

ほんの数年前、蛍光灯タイプのLEDは1本1万円以上しました。

だから、利益の出ている企業が社会貢献としてPRとして導入しても一般的には普及しませんでした。


一方、今や世界の工場となった中国でもLEDは作られ価格的には採算が取れそうな金額が出てきました。

しかし、寿命や明るさの問題で結局日本メーカーのLEDに置き換えるという無駄も発生していました。

 

しかし、とうとう出ました!!

明るさは新品の蛍光灯に劣らず(むしろそれ以上)、消費電力は従来の蛍光灯の約半分、そして寿命が来る前に下がった消費電力による電気代のコストダウンでお釣りが来る。

そんな商品が諏訪のメーカーから出たのです。

 

元が取れるんだったらすぐ替えなきゃ損!!という感じですが、その他にもメリットはあります。

まずは設計寿命が5万時間と長く、従来の蛍光灯の約4倍以上あることです。

電球が切れた時、椅子に乗って届く程度で1~2本ならいいのですが、店舗やオフィス、工場など蛍光灯を変えるだけでも一苦労。

天井が4mもあったら1本交換するのでも業者を呼ばなければなりません。

そうなったらよほどのことが無い限り5~6本切れるまでほったらかしでしょう。

 

また、スイッチを入れるとすぐ点くというメリットもあります。

会議室でプロジェクターを映す時、しばらく消して、再度点ける時にちらほらと点きだし、一本だけしばらくチカチカなんてこともみんな経験があるでしょう。


選ぶ時のポイントは明るさの目安として全光束が2,000lm以上、照射角は広め(最低でも180度)がいいと思います。

省電力は低い方がいいですが、暗くして(LEDチップの数を減らして)消費電力を下げているものもあるので明るさとのバランスが大事です。

細かいところですが、寿命が40,000時間のものと50,000時間のものがあるので気をつけてください。

とはいっても蛍光灯と違いだんだん暗くなっていき、初期照度の○○%を寿命としていますので、その辺も注意が必要です。

あとは当然価格ですね。

やはり安心の日本メーカーのものは中国製に比べて割高になっています。

 

そんな日本メーカーのLED照明が数量限定で特別価格になっています。


20W形、40W形、110W形にそれぞれ、電源分離形と通常の電源内蔵型がありますがおすすめは照射角の広い電源分離形です。


点灯時間の差

17年ほど前の蛍光灯はすべてが点くまで約40秒かかりました。

しかしLEDなら・・・


40W形 LED照明 【@SUWA】


電源分離形

全光束:2,150lm

直下照度:2m 110lx

照射角:230°

色温度:5000k

平均演色評価数:Ra85

口金形状:G13

消費電力:22W

設計寿命:50,000h(初期照度の70%)


電源内蔵形

全光束:2,000lm

直下照度:2m 120lx

照射角:180°

色温度:5000k

平均演色評価数:Ra85

口金形状:G13

消費電力:21W

設計寿命:50,000h(初期照度の70%)

別途電気工事が必要です。
¥6,000

¥4,000

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1

110W形 LED照明 【@SUWA】


電源分離形

全光束:4,300lm

直下照度:2m 190lx

照射角:230°

色温度:5000k

平均演色評価数:Ra85

口金形状:R17d

消費電力:44W

設計寿命:50,000h(初期照度の70%)


電源内蔵形

全光束:4,000lm

直下照度:2m 200lx

照射角:180°

色温度:5000k

平均演色評価数:Ra85

口金形状:R17d

消費電力:42W

設計寿命:50,000h(初期照度の70%)

別途電気工事が必要です。
¥12,000

¥8,000

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1